2012年04月30日

2012年4月「おうちでアジアンご飯~お土産レシピレッスン~」



このレッスンの直前に、
お料理研究の為にタイ&シンガポールに行ってきました飛行機

そこで今回は、
「おうちでアジアンご飯~お土産レシピレッスン~」と題して、
現地で学んだり、食べ歩いたお料理を私流にアレンジしてご紹介。


IMG_4588.JPG-1.JPG


タイ、ベトナム、シンガポール、マカオなどのお料理をミックスさせ、
揚げ物、炒め物、メイン料理、スープ、デザートと
ボリュームのあるコース仕立てで。

美味しいお茶や珍しいお菓子なども調達してきましたので、
お土産話も交えての楽しいレッスンとなりましたわーい(嬉しい顔)


★海老トースト★
IMG_4513.JPG-1.JPG


エスニックレストランの人気メニュー♪

「モンスーンカフェの海老トーストが大好物なので、
是非教えて欲しい!」

という生徒さんからのリクエストにお応えして、
敵情視察(笑)に行ってレシピを作り上げたところ、
モンスーンを超えた美味しさに・・・★

IMG_4668.JPG-1.JPG


もちろん生徒さんからも大好評で、
「家で作ったら、家族に大感激されました」
とのメールを沢山頂きました。


★あさりとじゃがいものバジル炒め★
IMG_4512.JPG


タイ料理でお馴染みの「あさりのバジル炒め」

Chez Izumiではじゃがいもプラスすることによって、
旬のあさりの旨味を余すことなく活かして仕上げました。

「ピリ辛味が白いご飯にもビールにも合うので、大人も子供もついつい食べ過ぎてしまう危険なお料理ですね」とのお声も(笑)


★海南チキンライス★
IMG_4656.JPG


海南鶏飯(シンガポール)、カオマンガイ(タイ)、
コム・ガー(ベトナム)、ナシ・アヤム(マレーシア、インドネシア)など、
東南アジア各国で名前を変えて親しまれている”鶏ごはん”

ここ数年、密かにこちらの研究をしており、
最近「ベスト!」と思える調理方法にたどりついたので、
シンガポールの名店を食べ歩いて総仕上げをしてきました。

大山鶏の丸鶏を使って、
専門店も顔負けのしっとり&ぷりぷりに鶏肉を茹で上げる技を伝授したところ、
「丸鶏の扱いは昨年のクリスマスレッスン以来なので、
ちょっとドキドキしましたが、良い復習になりました」
とのお声も。

今回のレッスンの一番人気メニュー♪で、
「しっとりとジューシーに茹で上がった鶏肉と、
先生オリジナルのタレ(↓)の美味しさにノックアウトされました」

との感想を沢山頂戴致しました。

IMG_4641.JPG-1.JPG


シンガポール通の何人かの生徒さんから、
「本場シンガポールのどのお店のよりもずっと美味しい!」
と言って頂けたのも、とても嬉しいデキゴトでしたわーい(嬉しい顔)


★挽き肉団子とクレソンのスープ★
IMG_6101.JPG-1.JPG


「海南チキンライス」で鶏肉を茹でた汁を活用したスープ。

現地では野菜が少しだけ入ったシンプルなスープですが、
Chez Izumiでは具沢山の食べ応えのあるスープに仕上げました。

鶏肉のだしと豚挽き肉の旨みの相乗効果で、
天然のとっても美味しいスープが出来上がります。

「丸鶏から取るスープのお味は格別ですね」と好評でした。

Y子さんがご両親の作っていらっしゃる「のらぼう菜」
沢山送って下さいましたので、
クレソンの代わりにそれを使わせて頂いたクラスも。

「のらぼう菜」は菜の花やかき菜によく似た青菜で、
菜の花よりも苦みや癖が少ないので、
このスープにとってもよく合いました。


♪デザートタイム♪

IMG_4610.JPG-2.JPG



★エッグタルト★
IMG_4607.JPG-1.JPG


マカオ名物のエッグタルトは、
生徒さんからのリクエストメニュー。

こちらも長年密かに研究してきて、
シンガポールの食べ歩きでその仕上げを♪

サクサクしたパイ生地の中から、
トローっと溶け出てくる熱々のカスタードクリームは、
”ホームメード”ならではの美味しさ!

焼き立てを「ハフハフ」言いながら、召し上がって頂きましたわーい(嬉しい顔)


IMG_4529.JPG

デザートタイムには、シンガポール土産の「BENGAWAN SOLO(ブンガワン・ソロ)」のクッキー&ラッフルズホテルのカヤジャムも仲間入り♪


IMG_4631.JPG-1.JPG


お茶は、TWGの店員さんに「エッグタルトに合うお茶は?」と尋ねて、
選んで頂いた”シンガポール・ブレックファースト”を合わせました。

”シンガポール・ブレックファースト”のエキゾチックな香りが、
エッグタルトとよく合いましたるんるん

IMG_4519.JPG


「いづみ先生のエスニック料理は、
本場のエッセンスはしっかりと残しながらも、
特別な食材や調味料を使わずに作りやすくて、
そして日本人の舌に合うようにアレンジされているので、
エスニックを敬遠しがちな家族からも好評なんですよ」

とよく言われるのですが、
今回も辛くないお料理が中心だったので、
小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも喜んで頂けたようですわーい(嬉しい顔)


posted by いづみ at 01:20| 神奈川 ☀| エスニック | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。